Atundo honda2.jpg
Atundo honda.jpg

本多篤人

人物解説[編集 | ソースを編集]

かつて「赤いカナリア」の幹部として70年代に大々的なテロ活動を行っていた元テロリスト。だが自分が行ったテロ行為には現在後悔の念を抱いている。国際手配中には紛争が起きている地へ国外逃亡していたが、が起こした事件により帰国後、小野田と取引をして逮捕された(S.8-1)。その後死刑が確定、収監されていたが雛子や生前の小野田が推進していた計画のため死刑直前に超法規的措置により釈放されたが、その事件解決後に全てを公表しようと自ら警察に出頭した(S.9-最終話)。
学生運動に身を置いた経験のある小野田とは友人の間柄。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。