Shiori nikita.jpg

仁木田栞

シナリオ[編集 | ソースを編集]

右京に対する差出人不明の告発文が監察室に届けられた。出張中の大河内に代わって、監察官の栞が、捜査権のない特命係が捜査に関与している殺人事件について調査を始める。
ネット証券の寵児で、最近では脱税の噂が浮上していた証券会社社長・金谷陽充の遺体が発見された。米沢にかかってきた電話で事件を知った右京は、と現場へ。自殺の可能性が高いが、右京らは殺害現場のマンションに疑惑を抱く…。
右京のおかげで他殺の可能性を見出すことができた。米沢は右京を庇うが、栞は職務執行法違反の可能性があると手厳しい。
栞は伊丹角田、そして尊と聴取を進め、同時に右京の事件解決のプロセスが違法性が高いことへの追求を深めていく。果たして、右京の運命は…!?[1]

人物解説[編集 | ソースを編集]

被害者の金谷は、インサイダー取引を行っていたが、警察の捜査が介入したことを知り、独占取材を申し込んだ
森井孝次郎に、自分を擁護する記事を書くのならと、取材を受ける約束を。
しかし、金谷のインサイダー取引相手の仙道信義は、金谷の裏切りを察知し、金谷を自殺に見せかけて殺害させた。
実は、栞は森井の彼女で情報を横流ししていた。森井が右京に何度も聞き込みにいやけがさし告発文を送りつけ、右京を捜査から外させようとした。
実は、仁木田女史の行動を怪しんだ大河内が、その告発文を利用した、一種のお芝居だった。(S.9-16)

脚注[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。